突然アドビフォントが使えなくなった時の対処法

昨日まで普通にPhotoshopでチラシの作成をしていて、修正が入ったので今日同じファイルをPhotoshop開いた時に起こった話。

「フォントが見つかりません 置き換えますか?」

え、なんで?昨日まで普通にアドビフォント使えてたのに!
フォント一覧を見ると本当にアドビフォントのほとんどが消えてました。
実はアドビフォントには使用期限があるのです、その期限が切れるとフォントが使えなくなります。

1.アドビフォントが消えた時の対処法

まずアドビフォントのサイトにログインします。ログインIDとPWはアドビのアカウントと同じです。

使用していたフォントを一覧から探します。
もしくは「フォントパック」から探します。

フォント右上にある、「180日間のアクティベート」をON(青色)にします。

これで、必ずPCを再起動させましょう。

もう一度Photoshopを立ち上げればフォントをまた再認識してくれるはずです。

【まとめ】
アドビフォントは180日の使用期限が切れると自動的に突然使えなくなるので、再度アクティベートが必要になる。
半年ごとに面倒ですが、無料で使わせて頂いているので毎回アクティベートしましょう\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。