Youtubeで収益化を目指してみた結果

こんにちは。もうここ最近は動画動画動画な世界になり、めっきりブログなどの文字を読む方がメンドクサイと感じるようになってきましたね。

何よりも、子供達は時間と暇があれば、YOUTUBEをずっと見ています。私の子供は、ここ最近はマイクラ系の動画ばかり・・・

子供は飽きずにずっと何回も見ているので、人気のユーチューバーさんの動画であれば、けた違いの再生回数を打ち出していますね。

私の仕事現場でも、WEB用動画の制作依頼は急上昇中です。

そこで、試しにちょっと流行りのコンテンツで、動画を作ってみようかなと思い
自分のチャンネルを登録し、1本上げてみました。

時事ネタだったので、興味ある方々も多く、2週間程でしたが3.4万再生まですぐに到達しました。

しかし、YOUTUBEで収益化を目指すには以下の条件があります。

①チャンネル登録者数 1000人以上
②公開動画再生時間 4000時間

恐らく放っておけば、再生回数4000の壁は直ぐに到達すると思います

ですが、「チャンネル登録数1000人以上」が、最大の壁に感じました。

正直言って、1本の動画程度では誰もチャンネルル登録してくれないでしょう。

やはり、視聴者が望む「定期的な動画配信」が無い限り、この数字を維持していくのは物凄く難しく感じました。

私の動画も、1本の動画を上げたあとにチャンネル登録数は一気に100人まで行ったものの、その後、まったく動画を上げていなかったので徐々に、減り続けてます。

これを、まずは1000人に引き上げて、さらに維持していくことに難しさを感じました。

例えば、同じコンテンツでずっと動画を上げられるのであれば向いていると言えます。

興味がなくなれば、チャンネル解除をされますが、世の中広いので新規で興味を持つ方もいらっしゃいます

その出入りがプラスマイナス変わらず推移していけるコンテンツであれば、YOUTUBEで収益化できると思います。
(例えば、アニメやおもちゃなどのコンテンツ)

バズろうと思って、はちゃめちゃな事をしても、その逆効果で視聴者がチャネル解除をして去ってしまう可能性も大きいです。

とにかく、視聴者をつなぎとめるところが難しい!!逆に言えば本当に良く出来ているシステムだなと思いました。

元々有名人であり、絶対的なファンが1000人以上居るのであれば、よっぽどのことが無い限りずっとチャンネル登録してくれると思います。

しかし、ごくごく一般的なユーチューバーであれば、興味がなくなれば即切られると思っておいた方がよさそうです。

また、動画の高評価とコメントは重要部分となり、そのカテゴリーの「おすすめ動画」としてYOUTUBEが進めてくれるのですが、そのコメントも全員が良い事を言ってくれる訳ではなく、批判的なコメントも多数あります。批判コメントは参考にもなる部分なので、受け止めるべきものだとは思うのですが、胃が痛くなりました。

とにかく、そのストレスに耐える精神力も必要だなと感じました。

私もユーチューバーになって楽して稼ごうかなと思ってたら、大変間違いな世界でした。

今回はちょっとその世界が垣間見え、大変勉強になりました。

■まとめ■
YOUTUBEで収益化を目指すのであれば以下の条件が絶対必要
・1000人のファンを常に獲得していなくてはならない。
・定期的に動画をあげる事が可能な、ネタが尽きないコンテンツ(カテゴリー)でないと飽きられてしまう。
・誹謗中傷に負け無い強いメンタルがある事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。